消防署の指輪カッターでチタンの結婚指輪が硬くて切れないはうそ

消防署で切れた結婚指輪消防署で指輪を切ってもらえる事をご存知でしょうか?チタンを手作りしたことのない方によって流される都市伝説か、デマゴギーがささやかれていますが、人気のチタンの結婚指輪があまりにも硬くて切れないから危険なのでは?ということを読んだというクライアントさんからのご相談が寄せられています。
消防署で切れないというのはうそで、実際に急なご病気が原因で慌てて消防署で切ってしまった事例があり、実際に真っ二つにカットされた指輪のパーツ二つをお持ちいただいたこともあります。
消防署は結婚指輪を切って指から外すときどうやって切るか、皆さんはご存知でしょうか?リングの対面の2箇所カットするのです。一箇所を切って拡げて指からはずすのではないのです。180℃の位置で円を2箇所切り込みを入れて安全に外してくれます。

チタンですからプラチナのようにすんなりは切れません。チタンリングはゴールドの指輪のように簡単には切れません。署員さんは指輪カッターの刃を途中で交換し、替え刃2枚使って切ってくれました。おかげでカットされたチタンの指輪の断面はスパッととても美しい断面をしていました。切れ味の良い刃を使ったことがわかります。消防署員さん2人がかかりで。
でも、極端なお話ですがすずめ蜂に刺され指輪を外さなければいけなくなった緊急時、チタンの結婚指輪は切れないから危険だ、プラチナの指輪なら簡単に切れるから安全だということにはならないでしょう。
タングステンの指輪の場合はリングカッターの刃の硬さを上回るかもしれませんが、加工可能な国産純チタニウム100%素材は切れ、加工出来、思い通りのオーダーメイドで、どんなデザインも思いのままに手作りできる、なおかつ傷つかない丈夫で金属アレルギーの味方という唯一の金属なのです。
b