還元と酸化反応と金属イオンで金属めっきのしくみをみる

金属イオンを溶液中に溶かし、マイナス(−)にプラス(+)(あるいは負に正、または陰に陽)が吸い寄せられて吸着するのがメッキなんだと理解すると、金属のかたまりを溶液中に溶かしこむことは、安定した金属を人為的に塊から活性化させるということで、ここが金属アレルギーのパッチテストに使われる塩化金と同じかなと連想します。
わざわざ安定している金、だれも溶かせない金、王水でなければ溶けない金を。製薬会社が活性化させて皮膚科医師が患者の皮膚に塗る。いえ、正確には貼る。皮膚科のドクターは何がしたいのでしょうか。

汗と王水は月とすっぽんほど違うのに。なぜでしょう。疑問が次々に湧いてきます。

先日東京都の中小企業景況アンケートに答えたらお礼状が届き、そこには東京都立産業技術研究センター城東支所の案内があったので、HPを開いてみてみると、「化学」の項目に、めっきものの「塩水噴霧テスト」というのが載っていました。
なるほど、めっきされたものは、製品テストが行われていて、塩水を噴霧し続けてどうなるか、めっきが剥げないかをテストしているのかと感心しながら、ジュエリーはすぐに汗でメッキがはがれるのに、ジュエリー業界はこういうテストはしていないのだろうなと思ってしまったのでした。

めっきが汗で剥げなければどんなにいいでしょう。こんなすごい魔法はありません。中身の金属がどんなものであれ、外から見たら完璧に金です。眼で見える姿は完全にゴールドです。
しかし実際に金めっきされたネックレスなり、ピアスを夏に着用すれば、汗ではげてしまい金属イオンが肌に触ってしまいます。この原理で感作する金属アレルギー反応の再現を金属アレルギーパッチテストで行う際には塩化金酸を使っているのはどうしてでしょう。

金メッキに対してアレルギーになるかどうかを見るなら塩化金酸は有効なのかなとまだ理解しようと思います。
でも汗で塩化金酸になり得ないゴールド100%の24Kジュエリーをするために、塩化金酸のテストをするのはおかしいと思うのです。
だれも指摘しないけれど、変じゃありませんか?どなたか博士教えてほしい。金は安定しているのに、活性化しないのに。
活性化させておいた塩化金酸を使って誘発テストするのがパッチテストでしょう。

だいたい汗ごときでいちいち24金ゴールドが活性化していたら、その人の触るもの、握るものすべて酸化されて朽ちていくでしょう。アナじゃなくてエルサだったかな?氷の女王の触るものが片っ端から氷の結晶になっていくのをイメージしてしまいます。人間の皮膚のPhは7.3〜7.5あたりに決まっています。pH1の汗とか絶対ありえませんから。

言いたい結論は、誘発パッチテストで金に陽性反応がたとえ出たとしても、24金ジュエリーを首に着けて、アレルギー反応が出るとは思いません。
塩化金酸に陽性の体質の人でも、金粉のかかったカステラを食べてもアレルギー反応は起こるとは限りません。金粉入りのお酒を飲んでもアレルギー反応は起こるとは限りません。胃酸が金粉を溶かせるものではないから。
どこか内臓に蓄積するのなら、24金の固体をどうやって体液が溶かし得るのでしょうか。王水と同等の成分が生体内のどこに存在するのかだれか解説された論文が見つかりません、あったら教えてほしいです。

メッキ、とくに無電解金めっきの参照元

カテゴリー 未分類

金属アレルギーが突然発症してすべての金属を手放したけれどチタンの結婚指輪だけ残せて良かった

ご結婚当初は金属アレルギーではなかったけれど、チタンの結婚指輪をオーダーして着けていて、数年後突然金属アレルギーを発症し、眼鏡も時計もイヤリングもネックレスもすべての金属が着けられなくなって手放したけれど、結婚指輪だけは手放さなくて済んだからチタンのマリッジリングを選んでおいて良かったと言ってくださる方がいらしてお話しくださいました。まったくなんでもなかったのに、ある日突然眼鏡に異変が起き、手首の時計も着けられなくなったそうです。
皮膚科も受診してニッケルを始めおおくの金属に陽性となったそうです。皮膚科でもチタンなら結婚指輪は大丈夫と言われたそうです。
いつ金属アレルギーになるかわからないというのは、花粉症で体験済みです。突然アレルゲンに対するセンサーが検知の係数マックス二達するといったイメージです。

プラチナのリスクはチタンでカバーできるのですから、最初からみなチタンにしたら良いと思うのです。プラチナとチタンの重さはかなり違いますが、それに対し強度面はきれいに反比例しています。結婚指輪にはチタン、たまにしか着けないファッションリングはプラチナが適していると思います。

カテゴリー 未分類

陶芸の酸化窯還元窯から端を発し、何と金属アレルギーも酸化還元ではありませんか

電子移動反応は自然環境中や生体内でも起こっていることに気がついてみると、もう身の回りでたくさんの酸化還元反応がおきているではありませんか。不思議でならないことがたくさん。
山へ自然を観にいくのもいいですが、身近な分子の世界が不思議だらけなのです。
電子が奪われたり与えられたりと電子が移動する。電子の放出、ここがすべてのスタートだと思えるのです。
物理吸着と化学吸着
陶芸の酸化還元といわずとも、ふつうの炎にも酸化炎と還元炎があるし、金属クラスターを知り始めると反応の違いで変化が顕著なことがもうわくわくするわけです。
金属ってからだの中にもあるのです。金属アレルギーなどというと異物が外から悪い事をするように思われがちですが、もともと鉄なんかはなければ貧血になってしまいますし、亜鉛アレルギーというひとがいるのに、亜鉛は人間に必須元素です。

それに植物の光合成までも。植物が光を吸収して電子を放出する?
クロロフィルと呼ばれる色素分子。
光を吸収したクロロフィルは,隣の分子に自分の電子を1個与えます。この電子は元のクロロフィル分子に戻るよりも速くさらにその隣にある分子のほうに電子を渡しバケツリレーのようにこの電子は次々に隣の分子へと運ばれてクロロフィルから引き離され、電子はもう元のクロロフィルに後戻りできません。何かの物語のようです。

最初の酸素はいったいどこからきたの?

地球に最初に酸素が生まれた起源をたどってみると。。。

  電子が飛び出した後のクロロフィル分子にはどこからか電子が供給されて元の状態に戻らなければ,次の光反応ができません.ある種の光合成細菌では硫化水素から硫黄への酸化反応が電子の供給源となっていました.

 植物細胞の起源みたいなシアノバクテリアが誕生して,はじめて酸素発生型の光合成が始まったといわれています。シアノバクテリアの光合成は光合成細菌の2つの異なった形で存在し2個分の光エネルギーを一度に利用でき、高い酸化力が得られ、水を電子の供給源として利用することが可能になりました。このとき水はシアノバクテリアから電子を奪われると酸素になります。2つの光合成系はそれぞれ2種類の光合成細菌の光合成系によく似ていることから、この2つの細菌の共生によってシアノバクテリアが出現したといわれています。

シアノバクテリア(らん藻)

植物の光合成において光のエネルギーを吸収する役割を担うクロロフィルは、マグネシウムの錯体です。
錯体とは?

光合成でも電子の流れが起こっています。
吸収した光エネルギーから還元力(電子)と化学エネルギーとが作り出されます。

そんなことを考えていると、もう化学が何もかも担っているようにも思えてきてしまいます。地球の環境をどう維持出来るかも。レアメタルを無駄遣いしないように、地球の裏側の紛争地域からコンフリクトミネラルが密輸されないように。
それから忘れないようにメモ。鉱物とかミネラルについてのおさらい。地球上に存在する元素のうち、水素、炭素、窒素、酸素を除いたものがミネラル。そしてミネラルのほとんどが金属。鉄もミネラルだし、鉄を食べないと貧血になってしまうし、人類が誕生したときから鉄があったからからだに鉄を欲するようにできているのでしょうか?
ミネラルって?

カテゴリー 未分類

金属アレルギーだと料理にアルミ箔、缶飲料に反応する?症状が出ますか?

金属アレルギーだから缶詰食品や缶コーヒーでアレルギー症状が出ますか?
スプーンにフォークもステンレスですが、鉄鍋で調理された中華は大丈夫でしょうか?
アクセサリー関して金属ばかり心配され、日用品を除外して考えられているのでしょうか?
金属アレルギーがどの金属もダメということはありません。こちらにそういった金属アレルギーの質問と答えが載っています。

結婚指輪については毎日つけて暮らすという点で貴金属を、問題にされる方が多いと思うのですが、どの金種に反応してしまうアレルギーなのかは人によって全然違うという事です。

包丁を握るだけで手が痒くなるのか、アルミ缶飲料やアルミの雪平鍋、銅のお鍋など身の回りは実は金属だらけで生活しています。

そろそろチタンの金属アレルギー安全宣言

1998年から1例も出た事がない、神宮前に店を構えて金属アレルギーの数え切れないほどたくさんのお客様にチタンの指輪を作り続けて来たのです。チタンアレルギーが一人も出た事がないのが現実です。
皮膚科でもチタンのピアスが推奨され、歯科でもチタンのインプラントが使われているこの事実。
金属アレルギーの金属
→図録
通常の皮膚科のパッチテストはジュエリーに関係ない水銀やマンガンなどの試料があって、疑問を感じていましたが、すぐ近くの神宮前6丁目の皮膚科クリニック様でピアスに関係する金属で金属アレルギーが出るか調べられています。

金属アレルギーの原因は金、パラジウム、イリジウム、プラチナ、銅、銀の順。

どんな体外物質でも金属アレルギーの原因となりうる、チタンも絶対とは言えませんと唱え続けてきましたけれども、どれだけの事例を重ねたら告白できすのでしょう。もうそろそろいいのでは?「チタンこそ安全」と。

2.もう一つ声高に言わせてほしいこと。
金属アレルギーのパッチテストを薦めるのをもうやめよう!

金属アレルギーならパッチテストを、と誰もかれもが言うけれど、疑問に思う。
なぜパッチテストを薦められるのか?それは金属アレルギーの原因は全ての金属であるわけではないので、原因の金属を外すと劇的に改善されるからということらしい。
けれど、体内に異種金属があれもこれも混在させられる治療自体よろしくないことは医学の現場も常識になった時代。チタンを使っていれば問題は起こらないのに、骨折の治療にもチタン、インプラントにもチタン、皮膚科のファーストピアスにもチタン。そうすればパッチテストでロジウムやパラジウムやインジウムであえて赤くさせる必要がないのであります。

消防署の指輪カッターでチタンの結婚指輪が硬くて切れないはうそ

消防署で切れた結婚指輪消防署で指輪を切ってもらえる事をご存知でしょうか?チタンを手作りしたことのない方によって流される都市伝説か、デマゴギーがささやかれていますが、人気のチタンの結婚指輪があまりにも硬くて切れないから危険なのでは?ということを読んだというクライアントさんからのご相談が寄せられています。
消防署で切れないというのはうそで、実際に急なご病気が原因で慌てて消防署で切ってしまった事例があり、実際に真っ二つにカットされた指輪のパーツ二つをお持ちいただいたこともあります。
消防署は結婚指輪を切って指から外すときどうやって切るか、皆さんはご存知でしょうか?リングの対面の2箇所カットするのです。一箇所を切って拡げて指からはずすのではないのです。180℃の位置で円を2箇所切り込みを入れて安全に外してくれます。

チタンですからプラチナのようにすんなりは切れません。チタンリングはゴールドの指輪のように簡単には切れません。署員さんは指輪カッターの刃を途中で交換し、替え刃2枚使って切ってくれました。おかげでカットされたチタンの指輪の断面はスパッととても美しい断面をしていました。切れ味の良い刃を使ったことがわかります。消防署員さん2人がかかりで。
でも、極端なお話ですがすずめ蜂に刺され指輪を外さなければいけなくなった緊急時、チタンの結婚指輪は切れないから危険だ、プラチナの指輪なら簡単に切れるから安全だということにはならないでしょう。
タングステンの指輪の場合はリングカッターの刃の硬さを上回るかもしれませんが、加工可能な国産純チタニウム100%素材は切れ、加工出来、思い通りのオーダーメイドで、どんなデザインも思いのままに手作りできる、なおかつ傷つかない丈夫で金属アレルギーの味方という唯一の金属なのです。
b

金属アレルギーと、ジュエリーアレルギーの調べ方

金属アレルギーのパッチテストは、受ける側がジュエリーに対して調べたいと
受診した場合、皮膚科のパッチテストセットはパックになっていて、調べる金属アイテムはジュエリーに対しては、医院によってはトンチンカンな試料が用意されてしまっています。もうテストコースメニューというか、セットになってしまっているので。
ドクターはジュエリーにあまり興味をお持ちでない。
水銀がテスト項目に入っているのは、昔学校の保健室で塗っていた赤チンに水銀が
含まれていたからではないでしょうか。水銀には強い殺菌力があったのでむかしはそうした有害なものが人体に塗られていたのでしょう。水俣病もあった。そのなごりでパッチテストを受けてもジュエリーに水銀が使用されることはありません。

ジュエリーをつけてみて、どうなるかを知りたい場合と歯科で口腔内での金属対策をしたいのか、もっと目的別に検査出来なければ意味がありません。
ゴールドのジュエリーでも含まれている金種はさまざま。そういう金属に造詣の深い皮膚科といってもむりかもしれません。パッチテストはしなくていいと思うのです。
いろいろな金種を用意してジュエリー店で試料を用意して実際に身の回りにあるジュエリー、アクセサリーの金属でテストできるようにすれば皮膚への負担も軽くて済むのでは?