ユージンスミスと水銀から見えてくるもの

環境を護りながら金属を使う

金属アレルギーを考えていくと、金属がどこからくるのかという疑問と、土の中からという答えからさらに疑問がわいてきます。
ほうれん草を食べて鉄分を補給して貧血を改善したいとよくいいますが、その鉄分と金属の鉄は同じなの?とか。
さらにまぐろの水銀はどこからくるの?
そしてジュエリーのゴールドの採掘で使われているアマルガムの水銀。
漆塗りの朱色も辰砂(硫化水銀)。辰砂は陶芸の釉薬にも。

フォトジャーナリストユージンスミスが水俣を撮り続けていました。
水俣国際条約ができて、水俣に世界が学び環境を考えるようになりました。
水銀が生物濃縮されると聞いても今の人にはピンと来ないかもしれませんが、当時の水俣病といえば4大公害病と習ったのは記憶が浸み付いています。
水銀の濃縮と身近に実感したのは、厚生省からの「妊婦はマグロ食べないで」のおふれです。ツナ缶もだめだよ。というおふれ。
日本人はマグロ大好きで、日本の食文化です、それを危険だから摂取しない方がいいですとふれまわるのですからよっぽどのことなのです。では妊婦ではない大人は水銀いいのか?という疑問も湧きました。言い訳は、胎児は水銀を排出できないから。成人は排泄されるからというりくつです。ちなみにアメリカは胎児と小児も食べないでということになっています。水俣湾の魚のメチル水銀は排泄されなかったのに。
正確には日本でも全く食べないでとは言っていません。週に2回までにしてねといった量を示しています。
ちなみに魚の中で一番水銀を貯め込み、なおかつヒトの口に入る可能性の高さナンバーワンのお魚がマグロです。ほかにマスとかもありますけれど。
ユージンスミスの写真から感じること、ほんとうに水銀あるのだなと思います。
今や水銀は蛍光灯にも体温計にも使われない方向になっています。生産をストップ。でないと、ゴミ焼却場で水銀体温計が燃やされて空気中に蒸発した水銀が拡散するので水銀の蒸発も計測されるようになっています。
水銀は金を抽出するアマルガムに使われ奈良の東大寺の大仏にも使われましたので、奈良時代の仏像金箔職人はたくさん水銀中毒患者が出ていました。昔は知識がなくひどかった。
水銀はゴールドの鉱山でも金の抽出のために大量に使われ、河川に流れ海に出てマグロに凝縮され遠洋漁業で日本にも関係している濃縮の構図があります。

有機水銀と無機水銀は違う

アマルガムは歯科治療にも使われ、子どもの頃は私もアマルガムを詰められた記憶があります。歯医者さんの治療台の上にはアルコールランプのような炎が燃えていたんですが、それで加熱してやわらかくなったアマルガムを削った歯の中に詰めていたのです。今では紫外線硬化するレジンがありますので使われなくなりました。水俣病のメチル水銀とアマルガムはまた違いますが。
赤チンも傷口に塗られました。皮膚の表層に重金属がついたからといって、それが皮下まで浸透するとは思わないのですが、保健室や自宅で塗ったのは皮膚が損傷した傷口の記憶。赤チンは水銀が入っていたというのは誤解で、製造過程で水銀を使い廃液が下水に流れることで環境汚染につながるとして今は使われなくなりました。傷に対してひとりひとり脱脂綿とピンセットを使うことなく、マジックインキのようにスポンジに含ませた赤チンを学校全員で使い回していたのを考えるとと、使い回しされた注射針が想起されます。
赤チン~水銀化合物の歴史より抜粋===============
赤チン、戦後になっても比較的広く使用されていました。しかしその後、アセトアルデヒドの合成時に発生する(と考えられる)有機水銀化合物により、熊本県水俣湾でのチッソ社(現JNC)による水俣病、新潟県阿賀野川流域での昭和電工による第二水俣病が起きたことは皆様ご存知だと思います。その恐ろしい毒性と高い蓄積性で多数の被害者を出したことを受け日本国内では1973年、1974年にはそれぞれDHMを含む医薬品や農薬での水銀化合物のほとんどが国内製造・使用禁止となりました。
================以上抜粋おわり

一番ショックだったのは、ユージンスミスが水俣の写真を撮り続けていた時に、チッソ社内五井で水俣病患者と共に襲われて大腿骨と頸部とを折られNYに帰国を余儀なくなれ右目の視力を失っていたと知ったことです。
ユージンスミスといえば、子どもが手をつないで森の出口のトンネルから抜け出す後ろ姿のあの写真で有名ですが、そんな最後を迎えていたとはショックでした。チッソという会社はいまでも在ります。
ユージンが写真によって言いたかったこと、産業発展の一方で、工場から出る廃棄物による害で暮らしが一変してしまう弱者がいるということ。水俣の場合はチッソという会社を天守閣にした城下町のひとたちが水銀の魚介類を食べ、各家庭に患者を抱えることになった事件で今も続いています。
企業の責任CSRとサスティナビリティ

環境を考えることは自然に回帰すればいいということではありません。もうモノを作らず舗装もなくし、電気のない土と自然のいなか暮らしをすれば良いというものではありません。環境省 持続可能な環境と経済
有機水銀化合物の毒性はいつ頃から明らかになったのか?

金箔を食べる日本人と食べたゴールドはトイレから下水処理と行き着くところとは?

神宮の新国立競技場もだいぶできてきました。ロンドンにオリンピック後の施設の視察に行っている小池東京都知事が「サスティナビリティ」という持続の観点をコメントしていたのを報道で見ました。
環境にも鉱業にも、だから金もリサイクルされますが、日本人は金箔の乗ったケーキや肉や金箔のソフトクリームを喜んで食べます。金粉入りのお酒を飲みます。ためにプラチナ箔もみかけます。それらは身体に吸収されることなく、うん◎になって下水に流されます。下水処理されきれいな水が河から海へ。リサイクルできないのではないかと思ったのですが、なんと長野県の下水からは金が採れるのだそうです。
しかもかなりの利益が上がってしまうレベルで。
トイレの下水は資源の宝庫/日経新聞電子版
ということは、長野の人は金箔をたくさん食べている県民なのでしょうか?金箔をなんでもかんでもいれてしまうのは金沢県だと思いますが。
長野といえば諏訪はジュエリーで有名な街でもあります。金が廃棄処理される過程で下水に流れているのか、それとも長野の諏訪湖でゴールドが採れるのかは不明だそうです。
周辺の温泉水に金が含まれていて下水に混じるのか、電子基板に金メッキを施す精密機械工場から排水に流れ込んでいるかとこちらの記事スイスでも金銀レアメタルが下水から採れたと書かれています。

金属アレルギーの負のプラセボ効果

金属で異変がからだに起きてしまった記憶が染みついてしまった人。金属を触っただけで脳が反応してしまう人もいます。
プラセボの逆バージョンで、尊敬するお医者さんに頂いた薬が、たとえビタミン剤だったとしても、信じて飲んでいると病気が治っているといった実験は結果が実際にでています。
治験は、かならずプラセボ効果が出ないかたちで、薬のどちらかがどっちの比較という中味を患者に知らせない、医師にすらも知らせないで薬のデーターを採ります。
心理的に効いてしまうからです。
金属アレルギーも、純金、純プラチナ、純チタンであれば化学的には反応することがないのですが、金に銀やニッケルが混ぜられたものも市販されたり、プラチナと思ってもパラジウムやニッケルが混ざったりとジュエリーはいろいろです。チタンといいながらピアスのポスト部分しかチタンでなかった場合などピアスのヘッドが真鍮なら耳に当たってしまうからです。

金属アレルギーだと自覚しているひとは、何の金属でもぴりぴりしてしまう、もうからだから信号がくる前に神経がバリアーを張って拒絶する拒否反応を送ってしまうようです。金属アレルギーの場合、実際に金属に触れてから遅延型といって1週間後に症状が出たりするものもあるので、触った瞬間に金属アレルギーというのは出るには短すぎるのです。汗と反応しないと化学反応は起きないので、触った時に汗をかいて金属のイオンが溶けてヒトのたんぱく質に出会う前にびりびりくるのは物理的には説明ができないでしょう。
ラムネの錠剤でも効き目が出るのですから、その逆の金属アレルギー自覚も、負のプラセボの効き目が出てしまうのだと思います。

金属精錬と環境破壊とエボシとたたら場

もののけ姫をあらためて観て。
金属掘削から精錬までほとんど知らないでいる、考えないでいるのではないでしょうか。
今、結婚する年代の人は、学校でタンタルのはなし、紛争鉱物のはなしを習っていません。
20年前に銀ものというシルバーアクセサリーのムック本の雑誌取材に来た方が、シルバー925というのはあっても厳密に1000というのはないですよと言っても何で?どうしてと質問されました。
金属は鉱石から精錬されるのですから完璧に1000という数字は計算上であって、現実にどこまで行っても99.999999・・・・・・
となるので1000%というのはないわけですが、マグロが切り身で泳いでいると信じるように、金も銀もプラチナも金の延べ棒が土に埋まっているイメージしかないのかもしれません。日本は資源の無い国、だから材料を輸入して製品を輸出する国と習ってきましたが、
今の子どもたちは社会の授業で、コンゴ民主共和国とタンタルが携帯と関連付けられてイメージし易いような授業でグローバル化を学習しています。
金は1グラム抽出するのに1トンものアフリカの残土、コンゴ民主共和国の尾鉱をエコロジカルリュックサックとして背負っているのですが、日本は金粉とか金箔を食べるという世にもめずらしい人種です。アイスクリームにも金箔を乗せて百貨店で販売されたり、金はなにかおめでたいとかありがたいとか特別感を演出するアイテムとされています。実際には金を抽出する際に使われる大量の水銀で河から海、マグロから日本の食卓という濃縮連鎖があることを忘れ、金箔の乗ったおせち料理、恵方巻きもありますが、それらはからだを通って排泄され下水に流れていきますので、リサイクルはできません。ゴールドの結婚指輪ならリサイクルされますが。

テレビやアニメで慣れ親しんだ鉄人28号、マジンガーZからジャイアントロボ、ガンダム、鉄腕アトム。キカイダー、仮面ライダーベルト、超合金で出来ていたのか日本は農耕民族というイメージは定着していても、ロボットをかたどる金属がどこからどうやって誰が掘っているかを知りません。
もののけ姫のたたら場では児童労働が出てきませんが、実際現代の途上国の鉱山では少年も加わり鉱石が手で掘れられています。
ゴルゴ13には日本の商社がタンタルを買い付けにいく話が出てはきますが、金属精錬にスポットを当てて描かれているのはもののけ姫だけではないでしょうか?
もののけ姫の佳境に入ったところでアシタカが、エボシに「森とたたら場、双方生き残る道はないのか!」と叫ぶシーンがでてきます。環境破壊と鉱業、ともに生き残る道をほんとうに考えるには、まず結婚指輪の金属を血塗られた金属”3TG”を選んでいる自覚を持つ覚悟がいります。

エシカルな消費とゴールドの結婚指輪は幸福と逆の方程式

幸せになる結婚指輪の方程式が崩れるとき

エシカルな消費をする視座

エシカルをブランド化して私のショップはエシカルなゴールドを使っていますというビジネスをするのではなく、社会全体が環境に配慮しみんながエシカルな考えになればいいなと思っています。

無農薬ですとか、有機栽培です、会員制ですと言って囲い込みをして他店を差別し、自分が生き残る商法でなく、自分だけが放射能から逃れるとか子どもだけを助けるのでもなく。
それを言い出すと石油でなく太陽、風力、再生エネルギーとか埋蔵量の先行きということになっていきます。ゴールドも採掘されるときに水銀が使われ、水銀が河に流れ海に出てマグロに貯められ、遠洋漁業で捕れたマグロは日本に運ばれ東京の寿司食べ放題女子会に参加で口にしているという構図です。

消費に対する意識と結婚指輪の材質選び車離れ

そもそも若い世代の間で”車=ステータス”と感じている人はもう多くはありません。アメリカで若くして高級車に乗る人は、”親から買ってもらったおぼっちゃま“か、”成金の自己満足”と冷ややかに見られがちという記事を読みました。高級スポーツカーに乗ることがステイタスだったのはひと昔前の話であって最近のアメリカでの一番のステータスシンボルは、”自分が求めるライフスタイルを追求する事。お金の使い方も”モノから体験“に移動し始めていて、地球環境保護や子どもへの支援などの社会活動の方が注目されているといいます。実際、成功者の一番のステータスは世の中への関心と視点、還元で、著名な起業家やスポーツ選手の多くがより良い社会のために社会貢献をしています。そろそろ、ワンランク上の生活指数とか贅沢が幸せという方程式は崩れてきていて、高級なものを所有するのは「見せびらかし」「うらやましがられて満足」には魅力はない、ガラケーからスマホへスイッチする前夜のような車業界もひやひやなのかもしれません。厳しい手つかずの荒々しい自然にひとりぼっちでは生きていけないのですから、社会全体が幸せになる過程に貢献できる消費にシフトしています。

3TG

何がカッコいいのかはそう思う人の視点で決まります。だから突然ダサいものにも変わります。
値段が高いもの、珍しいもの。手に入り難いと思っていたもの。
実は地球の裏側で子どもが掘らされていた紛争鉱物3TGだった。それを知らなかった。
一方国内ではデパートで大黄金展なる催しで純金泊の西郷隆盛像やウルトラセブンやピグモンや黄金のキティ像も展示されたり、金の延べ棒で貯蓄したり、有事のドルならぬ、有事の安全通貨として貴金属投資になったり。
そろそろ環境汚染の水銀を伴う金鉱山からくるゴールドを所有して満足する所から目を醒ましていいのではないでしょうか。
人並みに大きなダイヤモンドの指輪が買えたんだよと、他人と比較しても、そのダイヤはどうやって掘られ武器と交換されどうやって運ばれてきたのでしょう。

フェアゴールド金鉱山で水銀が使われていることが環境汚染の原因となっていますが、そうした環境問題を視野に、ブランド ショパールが100%フェアゴールドを扱うと発表しました。自分だけがNo Dirty Goldと言うのではなく、源流の金採掘の現場から変わってくれるようになるためには、まずはそういう問題を知るところから、関心を払って明るみに出すことから関わりたいと思います。

アフリカからくる金属でできたタンタルの結婚指輪

幸せ度と経済的な豊かさとは直接連動していますか?結婚指輪の金属材料を選ぶ視座は?

アフリカの問題はもはやアフリカだけの問題では済まなくなったのに、戦争最前線には自衛隊は行かれないから、遠いアフリカの話など、新聞にもテレビにも流れず、耳にするのは南スーダン。ほんの少しだけアフリカ支援と河野大臣が報道されるだけ。

金や銀は山を掘ったり穴を掘って金の姿で出てきても、タンタルやレアメタルがどういった資源なのか、誰が掘っているのか。子どもまでが駆り出されて掘っていることを知らずに幸せになるための結婚指輪を作ってしまっている。アフリカを植民地にしたヨーロッパでは数カ国語で報道されるコンゴ民主共和国の紛争とタンタルの原料のこと。日本の社会はまだ無知でも、これから徐々にアフリカの資源問題が認知される日がやってきていずれは結婚指輪の金属の由来も、それを選ぶ視点もクローズアップされることに。

資源は有限とか「希少」というと価値が高いようなまるで「限定販売」

作れば売れるという時代が過去にあり、今は使い捨ては善しとされない時代。消費は悪、後ろめたい罪悪感。そして生産も消費と一体。
求められないものは作らない。在庫になって処分されるものは無駄。
そして人が欲しいという気持ちを抱く理由に、希少というキーワードがあるように思います。
希少で手に入らなくなると思うと良いものに見えてくるような。「限定販売」とか行列とか。
かつてオイルショックというのがありました。その根拠になった「石油は数10年で無くなる」。北極のシロクマの数も回復した様に、100年もしないうちに、あの騒ぎは一体何だったの?という事に。
「希少価値」
有限なレアメタルを採り続けていいのか?という議論と、レアメタルは枯渇しないという議論。
今最も”ヤバい”レアメタルとは タンタルを巡るアフリカDRCの紛争の動向
北極の氷が解けて海面の水位上昇とか水没と言われても、水割りの氷がとけてもコップからあふれたことがないので。

地球温暖化のうそより抜粋
 人類の生産活動が相乗的な役割を果たして居たとしても、「絶滅危惧種」と言う言葉が定着した様に、希少種の絶滅の原因が全て、人間の環境破壊行為に結びつけて、告発~禁止させるのは、グリーンピースの様な似非環境保護ビジネスの匂いがします。 環境保護ビジネスの嘘は、皆が周知すべき事なのかもしれません。

 日本が昔から、木を切り倒したら、苗木を植林するように、神が造り賜いし「自然の仕組み」を壊さぬように、使ったら、ちゃんと修復できるような措置を施して、「自然に生かされている人類」と言うスタンスを守り通さねば、人類は後千年も持たず、滅びてしまうでしょう。 この日本的な考えは、自然に世界に広まって行くのは、W杯での、日本人観衆や選手の、「元に戻す」と言う行為に、世界中が賛同・称賛している事は、好ましい事ですね
抜粋ここまで

何が正義で何が悪?
エシカル消費
エコ
ロハス
フェアトレード
消費を控えて無駄をそぎ落として必要最小限の生活をつき詰める合理主義に行きあたるとどうなるか。シンプルイズベストかシンプルイズプーアか。
変わり映えしないデザイン、余白ばっかりで味気ない。なんのアイデアも取り入れられていない、面白みがない、遊びも余裕もない、個性がないと逆に飽きる。色彩も押し殺してばかりではじけることなどないっていうのはもうデザインに興味を失っている状態では?

なぜ南スーダンには自衛隊を行かせて、コンゴ民主共和国には派遣しないのですか?

紛争の火種となるタンタルの原料とコンゴ民主共和国を調べるうち、いったいなぜコンゴ民主共和国に自衛隊を派遣せず南スーダンの話題ばかりしているのか?の疑問

タンタルの結婚指輪の原料となるコルタンの出どころを調べるうちコルタンが紛争鉱物であり、紛争による死者の数がコンゴ民主共和国で500万人超えといいます。コンゴ民主共和国500万人超え

 日本が関与しないPKO活動がある中で、なぜ南スーダンのPKO活動に日本が参加するのかという質疑が国会でなされています。
答えは:要請されたから。衆議院での応答国際連合南スーダン共和国安定化ミッション(UNMISS)への日本の要員の派遣については、国際連合から日本に対し要請があったから、と理由はそれだけだそうです。
日本がPKO部隊を送る場合には、次の「PKO5原則」が守られることが前提となっていて、。
「紛争当事者の間で停戦合意が成立していること」が原則。そうすると、内紛中、内戦中になっているコンゴ(民)には日本からは派遣できないことになりますね。
南スーダンでのPKO
ODA(政府開発援助)資料*対コンゴ民主共和国国別開発協力方針
http://www.osaka-u.ac.jp/resolveuid/57aefffc05df40569ea2baddd5f09720

アフリカをもっと知ろうと思ったら映画を視るのも勉強。
ケニアを舞台に、イギリスの製薬会社による人体実験を暴くサスペンス「ナイロビの蜂」。
シエラレオネの内戦で、武器と引き換えにダイヤモンドをヨーロッパに密輸する「ブラッド・ダイヤモンド」。
タンザニアの湖に放流されたナイルパーチをヨーロッパに輸出する企業と、現地の貧困の実録ドキュメンタリー「ダーウィンの悪夢」。
1994年のルワンダ内戦時ドラマ「ホテル・ルワンダ」
と「ルワンダの涙」。
南アで、少年ギャングの日常化する暴力を扱った「ツォツィ」。
聖地エルサレムに巡礼に行こうとして、入国時に不法入国扱いされることをきっかけに、金にまみれたこの国の実態を経験するはめになる牧師志望の黒人青年を描いた「ジェイムズ聖地へ行く」。
難民キャンプの母の教えに従い、ユダヤ人と名乗ってイスラエルへの移民に成功するエチオピアのキリスト教徒の息子の幼年・青春時代を追う「約束の旅路」

マスカラの鉄の成分で金属アレルギーになるなら、自分の血液の鉄の成分はなぜアレルギーにならないのですか?

マスカラのカラー成分の酸化鉄。これは食品添加物にもなっている酸化鉄で、鉄と酸素の化合物。鉄と反応済みなので人の成分と反応して金属アレルギーにならないはずなのですが、食品に含まれる成分や化粧品に含まれる酸化鉄、酸化亜鉛、酸化チタンが金属アレルギーになるような風評を流すコラムを見つけると、ふしぎになります。酸化チタンはガムのコーティングなど、日常食べては排泄される無害なものです。皮膚の毛穴からも皮膚を通過して体内に取り込まれることもないという科学者の論文も読んでいます。悪質な論文は妊娠中のマウスの肝臓にチタンを注射してチタンが体内から見つかったなどと書いているものもありますが、口から食べた酸化チタンは体内に取り込まれずに出て行きますし、お化粧も皮膚を透過できないのです。できてしまったらもっとほかの感染症から皮膚がわたしたちを護っていることの説明がつかなくなるでしょう。
さて、酸化鉄にもいろいろあります。三二酸化鉄がマスカラに含まれます。
赤錆は酸化鉄(III)もしくは酸化第二鉄といいます。
黒錆は酸化鉄(II,III)さんかてつ さん てつ に(さんかてつ に さん)四酸化三鉄(しさんかさんてつもしくは磁鉄鉱

黒錆びはそれ以上さびない、質を向上させるさびで、それ以上反応しません。食品添加物として、認められている酸化チタンは、ブルーベリーや紫キャベツの色素と同等に安全性が認められている色の素です。

三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄、酸化チタンなど漢方薬の着色にも使われています。

鉄も亜鉛も体内になければ健康ではいられない必要な金属なのに、どうして金属アレルギーの原因だという人がいるのでしょう。
鉄は塩酸に溶けますが、酸化鉄は酸素分子と化合しているので、もう塩酸に溶かされることがありません。中学の2年の理科で勉強します。
日本のインターネットで金属アレルギーを書いている人は日本の理科の教育の失敗例を物語っていて、私を含めてみんなみんなマイナスイオンに騙されてしまっているのと似ています。

なぜ金属アレルギーにならない純チタンでアレルギーが報告されるのですか?

純チタン 金属アレルギーが出るのはなぜ?

*本来、金属酸化物というのは金属アレルギーの原因にはなりえません。
結論から先に。
手術の場合や施術、化粧品製造の過程で混入した不純物の影響でチタンアレルギーなるものの報告が上がることが医学の論文に散見されるのは、純粋にチタンリングのような空気中で使用される環境と異なった要因が入り込むためです。

骨折箇所に埋め込まれるチタンが純チタンでも、骨に穴を空けるドリルがチタン製でない場合の微量の金属粉不純物や、固定するプレートを患部に合うように曲げるペンチがチタン製以外の金属粉が混入。施術によりチタンの人工関節を入れた例でも、異種金属が混入してしまい、体内の低酸素な条件が起こることで、ガルバニーを誘発。
指輪の着用されるような酸素のある環境ではない場合、純チタンには酸素に触れただけでたちどころに酸化物で覆い尽くされています。化学反応性を失います。よって通常空気のある場所において、金属アレルギー反応を起すたんぱく質とチタンが反応することはできません。ただし特殊な環境を用意されれば通常とは違った結果になります。
たとえアレルギー反応を起さない純チタンであっても金属アレルギーが起こる条件を満たすには、細胞内でマクロファージにより産酸される条件がチタンの酸化被膜を欠損させる、脱不動態の要因となります。人間の身体とはよくできていて、異物を殺そうとする細胞が異物に対して攻撃します。それにより酸素が供給されない体内の特殊な状態ができてしまうと反応性を失って安定していたチタンが活性になる可能性が出てくるからです。

以前は粉ミルクが缶づめの缶のふたのようにプルトップ式でした。今の大学生が赤ちゃんの頃はまだ金属粉が混入するようなパッケージングでした。ベビーの飲む粉ミルクに微量の金属粉が混入します。それに企業が気が付いて現在では金属製のプルトップ式のふたは使用されません。缶づめの蓋も缶切りで切れば必ず金属粉は混入しています。
包丁研ぎ、ナイフシャープナーも金属粉が入り込みます。

金属アレルギー患者さんに異物混入には細心の注意を払って施術されなければいけない医療の現場でそうした厳密な金属の管理が求められているのです。