チタンは海中で錆びないのですか?地中の酸化物が還元されて「金属」になれたメタル VS もともと金

酸化物が金属として精製されてぴかぴかの金属になったものと、もともとぴかぴかだった金

いわば天然の状態から金属だった不活性金属。土の中にいた時から金だったゴールド。それに対し
人工的に精製されて還元してもらったから金属の姿をしているメタル。わたしたちが知っているぴかぴかした金属には、生まれたときから金属の姿をしているメタルと、まったく別の原料の姿で地中にあったものを金属の姿に変身させたメタルとかあります。

金属にはいろいろあって、地中でもともと光っていた金は、古代の人にも見つけ易かった。それに対して酸化物として地中にあった原料を還元して手に入れた精製された存在である金属があります。
その反対の代表がみんなが知っている金属:鉄。土の中とか岩の中にあってもともと酸化していたのを人の手で還元して金属という存在にしてあげた鉄。だから戻りたい。本来の姿、酸化物に戻りたがる。これが熱力学的に安定の状態へ酸化したがる性質≒”もどりたがーる”性質:活性化したがる。
電気化学的に反応するというと酸化反応、還元反応。安定の方向へ反応したがるのも無理は無いこと。だってもとの姿、自然の姿に戻りたいのだから。腐食されては困る人間の立場からみると、腐食してしまった、困ったなということになるけれど、メタルの立場から見れば、こんなきれいなぴかぴかな金属状態でいるのはつらいよ、はやく地面の中に戻りたいと言っているような、金属の声が最近聞えてくるようになりました。
貴な金属、卑な金属と分類されているのは、この”もどりたがーる度”で数値的にあたかも優劣のように決められてしまっていると私は理解しています。不活性金属が貴、活性金属が卑に相当しています。

でも実際には金属たちの電位は、環境と金属の表面状態で異なっています。
酸素のあるところ、つまり人間の生活空間では、チタンは貴金属プラチナと同等の貴な状態です。優なのです。
では海中では、地中ではどうでしょう。金銀銅という貴金属と呼ばれるメタルよりもチタンは安定な状態です。海でも優です。貴な金属を上、卑な金属は下ともとらえられます。酸素があれば活性化しないチタンは貴金属をしのいで上位な立場にあります。

生活の中で目にする金属の多くはイオン化すると +(プラス)イオンになります。
つまり、電子を失ってイオン化したい、「もどりたがーる度」がイオン化傾向。傾向が高いとか低いという言い方をされます。金属が電子をやりとりするから酸化反応、還元反応があるので、eの放出のしやすさ、その尺度がイオン化の尺度があります。

「錆びる」「腐食する」の第一原因はこのイオン化(≒活性化)から開始されます。もどりたがーる≒活性化
鉄が海中や地中で錆びて朽ちて土に返る。ポピュラーで金属といってイメージされるのが鉄なので、金属はさびると思われているので、チタンは錆びないのですか?という質問がなされるのですが、チタンは活性な金属なのにヒトの生きている環境では不活性な金属。

金や白金がほとんどどんな条件でも腐食しないのは、
実はイオン化するのに膨大なエネルギーを要するから。
逆に言えば、金属自体の持つエネルギー順位は低い、活性化したがるポテンシャルは低いとも。
一般的な鉄は海水で容易に錆びますが、ゴールドよりも低エネルギーでイオン化してしまうので、
水に触れるだけで水から酸素を奪ってまで酸化という反応に。そして不思議なチタンは?
チタンは本来地中で酸化物だったものなので、活性して土にもどりたがるはずなのに。もともと活性化エネルギーは高い方なのにもかかわらず、酸素がある環境では不活性な金属。
最新の技術で精製されて登場したニュー金属。

活性化してもらってはこまるのがジュエリーの世界です。皮膚の上で活性化されると、汗と反応を起こして金属アレルギーを惹き起こしてしまいます。
チタンはその反応をおこしようがない、なぜなら酸素で遮断されているから。

プラチナもゴールドもほぼ不活性金属であるのにもかかわらず、皮膚の上で活性化して反応するとはいったいどういうことでしょう。金を活性化させるほどの膨大なエネルギーを持つものの正体はヒトの汗でしょうか?

参考資料 酸化還元電位

還元と酸化反応と金属イオンで金属めっきのしくみをみる

金属イオンを溶液中に溶かし、マイナス(-)にプラス(+)(あるいは負に正、または陰に陽)が吸い寄せられて吸着するのがメッキなんだと理解すると、金属のかたまりを溶液中に溶かしこむことは、安定した金属を人為的に塊から活性化させるということで、ここが金属アレルギーのパッチテストに使われる塩化金と同じかなと連想します。
わざわざ安定している金、だれも溶かせない金、王水でなければ溶けない金を。製薬会社が活性化させて皮膚科医師が患者の皮膚に塗る。いえ、正確には貼る。皮膚科のドクターは何がしたいのでしょうか。

汗と王水は月とすっぽんほど違うのに。なぜでしょう。疑問が次々に湧いてきます。

先日東京都の中小企業景況アンケートに答えたらお礼状が届き、そこには東京都立産業技術研究センター城東支所の案内があったので、HPを開いてみてみると、「化学」の項目に、めっきものの「塩水噴霧テスト」というのが載っていました。
なるほど、めっきされたものは、製品テストが行われていて、塩水を噴霧し続けてどうなるか、めっきが剥げないかをテストしているのかと感心しながら、ジュエリーはすぐに汗でメッキがはがれるのに、ジュエリー業界はこういうテストはしていないのだろうなと思ってしまったのでした。

めっきが汗で剥げなければどんなにいいでしょう。こんなすごい魔法はありません。中身の金属がどんなものであれ、外から見たら完璧に金です。眼で見える姿は完全にゴールドです。
しかし実際に金めっきされたネックレスなり、ピアスを夏に着用すれば、汗ではげてしまい金属イオンが肌に触ってしまいます。この原理で感作する金属アレルギー反応の再現を金属アレルギーパッチテストで行う際には塩化金酸を使っているのはどうしてでしょう。

金メッキに対してアレルギーになるかどうかを見るなら塩化金酸は有効なのかなとまだ理解しようと思います。
でも汗で塩化金酸になり得ないゴールド100%の24Kジュエリーをするために、塩化金酸のテストをするのはおかしいと思うのです。
だれも指摘しないけれど、変じゃありませんか?どなたか博士教えてほしい。金は安定しているのに、活性化しないのに。
活性化させておいた塩化金酸を使って誘発テストするのがパッチテストでしょう。

だいたい汗ごときでいちいち24金ゴールドが活性化していたら、その人の触るもの、握るものすべて酸化されて朽ちていくでしょう。アナじゃなくてエルサだったかな?氷の女王の触るものが片っ端から氷の結晶になっていくのをイメージしてしまいます。人間の皮膚のPhは7.3~7.5あたりに決まっています。pH1の汗とか絶対ありえませんから。

言いたい結論は、誘発パッチテストで金に陽性反応がたとえ出たとしても、24金ジュエリーを首に着けて、アレルギー反応が出るとは思いません。
塩化金酸に陽性の体質の人でも、金粉のかかったカステラを食べてもアレルギー反応は起こるとは限りません。金粉入りのお酒を飲んでもアレルギー反応は起こるとは限りません。胃酸が金粉を溶かせるものではないから。
どこか内臓に蓄積するのなら、24金の固体をどうやって体液が溶かし得るのでしょうか。王水と同等の成分が生体内のどこに存在するのかだれか解説された論文が見つかりません、あったら教えてほしいです。

メッキ、とくに無電解金めっきの参照元

金属アレルギーが突然発症してすべての金属を手放したけれどチタンの結婚指輪だけ残せて良かった

ご結婚当初は金属アレルギーではなかったけれど、チタンの結婚指輪をオーダーして着けていて、数年後突然金属アレルギーを発症し、眼鏡も時計もイヤリングもネックレスもすべての金属が着けられなくなって手放したけれど、結婚指輪だけは手放さなくて済んだからチタンのマリッジリングを選んでおいて良かったと言ってくださる方がいらしてお話しくださいました。まったくなんでもなかったのに、ある日突然眼鏡に異変が起き、手首の時計も着けられなくなったそうです。
皮膚科も受診してニッケルを始めおおくの金属に陽性となったそうです。皮膚科でもチタンなら結婚指輪は大丈夫と言われたそうです。
いつ金属アレルギーになるかわからないというのは、花粉症で体験済みです。突然アレルゲンに対するセンサーが検知の係数マックス二達するといったイメージです。

プラチナのリスクはチタンでカバーできるのですから、最初からみなチタンにしたら良いと思うのです。プラチナとチタンの重さはかなり違いますが、それに対し強度面はきれいに反比例しています。結婚指輪にはチタン、たまにしか着けないファッションリングはプラチナが適していると思います。

陶芸の酸化窯還元窯から端を発し、何と金属アレルギーも酸化還元ではありませんか

電子移動反応は自然環境中や生体内でも起こっていることに気がついてみると、もう身の回りでたくさんの酸化還元反応がおきているではありませんか。不思議でならないことがたくさん。
山へ自然を観にいくのもいいですが、身近な分子の世界が不思議だらけなのです。
電子が奪われたり与えられたりと電子が移動する。電子の放出、ここがすべてのスタートだと思えるのです。
物理吸着と化学吸着
陶芸の酸化還元といわずとも、ふつうの炎にも酸化炎と還元炎があるし、金属クラスターを知り始めると反応の違いで変化が顕著なことがもうわくわくするわけです。
金属ってからだの中にもあるのです。金属アレルギーなどというと異物が外から悪い事をするように思われがちですが、もともと鉄なんかはなければ貧血になってしまいますし、亜鉛アレルギーというひとがいるのに、亜鉛は人間に必須元素です。

それに植物の光合成までも。植物が光を吸収して電子を放出する?
クロロフィルと呼ばれる色素分子。
光を吸収したクロロフィルは,隣の分子に自分の電子を1個与えます。この電子は元のクロロフィル分子に戻るよりも速くさらにその隣にある分子のほうに電子を渡しバケツリレーのようにこの電子は次々に隣の分子へと運ばれてクロロフィルから引き離され、電子はもう元のクロロフィルに後戻りできません。何かの物語のようです。

最初の酸素はいったいどこからきたの?

地球に最初に酸素が生まれた起源をたどってみると。。。

  電子が飛び出した後のクロロフィル分子にはどこからか電子が供給されて元の状態に戻らなければ,次の光反応ができません.ある種の光合成細菌では硫化水素から硫黄への酸化反応が電子の供給源となっていました.

 植物細胞の起源みたいなシアノバクテリアが誕生して,はじめて酸素発生型の光合成が始まったといわれています。シアノバクテリアの光合成は光合成細菌の2つの異なった形で存在し2個分の光エネルギーを一度に利用でき、高い酸化力が得られ、水を電子の供給源として利用することが可能になりました。このとき水はシアノバクテリアから電子を奪われると酸素になります。2つの光合成系はそれぞれ2種類の光合成細菌の光合成系によく似ていることから、この2つの細菌の共生によってシアノバクテリアが出現したといわれています。

シアノバクテリア(らん藻)

植物の光合成において光のエネルギーを吸収する役割を担うクロロフィルは、マグネシウムの錯体です。
錯体とは?

光合成でも電子の流れが起こっています。
吸収した光エネルギーから還元力(電子)と化学エネルギーとが作り出されます。

そんなことを考えていると、もう化学が何もかも担っているようにも思えてきてしまいます。地球の環境をどう維持出来るかも。レアメタルを無駄遣いしないように、地球の裏側の紛争地域からコンフリクトミネラルが密輸されないように。
それから忘れないようにメモ。鉱物とかミネラルについてのおさらい。地球上に存在する元素のうち、水素、炭素、窒素、酸素を除いたものがミネラル。そしてミネラルのほとんどが金属。鉄もミネラルだし、鉄を食べないと貧血になってしまうし、人類が誕生したときから鉄があったからからだに鉄を欲するようにできているのでしょうか?
ミネラルって?

金属アレルギーだと料理にアルミ箔、缶飲料に反応する?

金属アレルギーだから缶詰食品や缶コーヒーでアレルギー症状が出ますか?
スプーンにフォークもステンレスですが、鉄鍋で調理された中華は大丈夫でしょうか?
アクセサリー関して金属ばかり心配され、日用品を除外して考えられているのでしょうか?
金属アレルギーがどの金属もダメということはありません。こちらにそういった金属アレルギーの質問と答えが載っています。

結婚指輪については毎日つけて暮らすという点で貴金属を、問題にされる方が多いと思うのですが、どの金種に反応してしまうアレルギーなのかは人によって全然違うという事です。

包丁を握るだけで手が痒くなるのか、アルミ缶飲料やアルミの雪平鍋、銅のお鍋など身の回りは実は金属だらけで生活しています。

そろそろチタンの金属アレルギー安全宣言

1998年から1例も出た事がない、神宮前に店を構えて金属アレルギーの数え切れないほどたくさんのお客様にチタンの指輪を作り続けて来たのです。チタンアレルギーが一人も出た事がないのが現実です。
皮膚科でもチタンのピアスが推奨され、歯科でもチタンのインプラントが使われているこの事実。
金属アレルギーの金属
→図録
通常の皮膚科のパッチテストはジュエリーに関係ない水銀やマンガンなどの試料があって、疑問を感じていましたが、すぐ近くの神宮前6丁目の皮膚科クリニック様でピアスに関係する金属で金属アレルギーが出るか調べられています。

金属アレルギーの原因は金、パラジウム、イリジウム、プラチナ、銅、銀の順。

どんな体外物質でも金属アレルギーの原因となりうる、チタンも絶対とは言えませんと唱え続けてきましたけれども、どれだけの事例を重ねたら告白できすのでしょう。もうそろそろいいのでは?「チタンこそ安全」と。

2.もう一つ声高に言わせてほしいこと。
金属アレルギーのパッチテストを薦めるのをもうやめよう!

金属アレルギーならパッチテストを、と誰もかれもが言うけれど、疑問に思う。
なぜパッチテストを薦められるのか?それは金属アレルギーの原因は全ての金属であるわけではないので、原因の金属を外すと劇的に改善されるからということらしい。
けれど、体内に異種金属があれもこれも混在させられる治療自体よろしくないことは医学の現場も常識になった時代。チタンを使っていれば問題は起こらないのに、骨折の治療にもチタン、インプラントにもチタン、皮膚科のファーストピアスにもチタン。そうすればパッチテストでロジウムやパラジウムやインジウムであえて赤くさせる必要がないのであります。

消防署の指輪カッターでチタンの結婚指輪が硬くて切れないはうそ

消防署で切れた結婚指輪消防署で指輪を切ってもらえる事をご存知でしょうか?チタンを手作りしたことのない方によって流される都市伝説か、デマゴギーがささやかれていますが、人気のチタンの結婚指輪があまりにも硬くて切れないから危険なのでは?ということを読んだというクライアントさんからのご相談が寄せられています。

チタンの結婚指輪が危険という迷信

消防署で切れないというのはうそで、実際に急なご病気が原因で慌てて消防署で切ってしまった事例があり、実際に真っ二つにカットされた指輪のパーツ二つをお持ちいただいたこともあります。
消防署は結婚指輪を切って指から外すときどうやって切るか、皆さんはご存知でしょうか?リングの対面の2箇所カットするのです。一箇所を切って拡げて指からはずすのではないのです。180℃の位置で円を2箇所切り込みを入れて安全に外してくれます。

チタンですからプラチナのようにすんなりは切れません。チタンリングはゴールドの指輪のように簡単には切れません。署員さんは指輪カッターの刃を途中で交換し、替え刃2枚使って切ってくれました。おかげでカットされたチタンの指輪の断面はスパッととても美しい断面をしていました。切れ味の良い刃を使ったことがわかります。消防署員さん2人がかかりで。
でも、極端なお話ですがすずめ蜂に刺され指輪を外さなければいけなくなった緊急時、チタンの結婚指輪は切れないから危険だ、プラチナの指輪なら簡単に切れるから安全だということにはならないでしょう。

タングステンの指輪の場合はリングカッターの刃の硬さを上回るかもしれませんが、加工可能な国産純チタニウム100%素材は切れ、加工出来、思い通りのオーダーメイドで、どんなデザインも思いのままに手作りできる、なおかつ傷つかない丈夫で金属アレルギーの味方という唯一の金属なのです。
指輪というのは、入ったものは必ず抜けます。こんな涙ぐましい切断はしないでデンタルフロスを巻きつけて一周づつほどいて行けば指輪は関節の外へ自動的に贈られます。

貴金属ではない金属で危険というなら、もっと危険なのはタンタルではないでしょうか。
タンタルは原産地で紛争が続いています。第二次世界大戦以来最も多い犠牲者が出ているコンゴ民主共和国ですが、その背景にレアメタルの需要があり、武力闘争の武器の資金源になっています。紛争鉱物調査は2013年より開始され、タンタルの原産国は厳しく監視下におかれました。 そして北朝鮮が新たに紛争鉱物調査対象国と認定されました。北朝鮮ではゴールドが産出します。それが国外に流れミサイルの資金源となるように、コンゴからくるタンタルが紛争の資金源になります。
鉱山の現場から紛争のない合法的なタンタルが先進国に供給されるよう入手経路を追跡するプロジェクトもあります。IMPACT

紛争鉱物についてはこちらにくわしい記事があります。
政治的な陰謀や野望にまみれ、法の権力も地に落ちたジンバブエではダイヤモンドがもたらす富を享受しているといわれ、ダイヤモンドの収益を元手に、不正な武器取引が行われています。

金属アレルギーと、ジュエリーアレルギーの調べ方

皮膚炎の原因となる金属の特定はどう調べたらいいですか?

金属アレルギーのパッチテストは、受ける側がジュエリーに対して調べたいと
受診した場合、皮膚科のパッチテストセットはパックになっていて、調べる金属アイテムはジュエリーに対しては、医院によってはすでに日常接する事が極めて少ないにも関わらず不必要と思われる金属試料が用意されてしまっているところもあります。製薬会社によるテストコースメニューというか、セットになってしまっているので。
ドクターはジュエリーにあまり興味をお持ちでない皮膚科もあれば、ゴールドの割りがねの比率をわかっておられる良心的なクリニックもあります。
最も安全度の高い金属の筆頭にチタンを挙げ、次いでプラチナ、それからゴールドを挙げているくわしい皮膚科もあります。
皮膚科のアレルギーテスト

皮膚科でアレルゲンを特定できたと仮定して、オールセラミック化に歯科で取り組むとしても、治療途中で使用される金属もたくさんあります。削るときに使われるドリル刃も超硬金属ですし、仮歯の素材に亜鉛が使われています。そしてその接着剤にも亜鉛が混ざっています。

金属アレルギーに造詣の深くない歯科は敏感になってくれない場合があります。アレルギーの相談はアレルギー科に行く方がよいのでは。

水銀がテスト項目に入っているのは、昔学校の保健室で塗っていた赤チンに水銀が
含まれていたからではないでしょうか。水銀には強い殺菌力があったのでむかしはそうした有害なものが人体に塗られていたのでしょう。水俣病もあった。そのなごりでパッチテストを受けてもジュエリーに水銀が使用されることはありません。

ジュエリーをつけてみて、どうなるかを知りたい場合と歯科で口腔内での金属対策をしたいのか、もっと目的別に検査出来なければ意味がありません。

ジュエリーアレルギーと金属アレルギーは同じではない

ゴールドのジュエリーでも含まれている金種はさまざま。18kゴールドの結婚指輪をしようか、プラチナ900のマリッジリングにしようか迷ったのが動機となって金属アレルギーを調べるのに、試薬はそう出来ていないのです。指輪に使われる金属は多岐にわたりますので金以外何がブレンドされ影響するか、作り手ジュエラーに詳しく聞いてみないとわからないものも多数あります。そういう金属に造詣の深い皮膚科といってもむりかもしれません。
結論は、パッチテストはしなくていいと思うのです。
いろいろな金種を用意してジュエリー店で試料を用意して実際に身の回りにあるジュエリー、アクセサリーの金属でテストできるようにすれば皮膚への負担も軽くて済むのでは?

皮膚の炎症と一口で言っても、刺激性なのかアレルギー性なのか、どちらの反応なのかによって全く異なるものです。
日本皮膚科学会ガイドライン
そして金属アレルギーを疑う本人も、金のピアスでかぶれた体験を言うとき、はたしてそれは雑菌がピアスホールに混入したものと区別がつくのでしょうか?
本人が素手で触ったピアス、つまり滅菌済みでないピアスを耳に傷がある時点で着けていたら、その後ピアスの穴から膿が出たと言いますがほんとうに金属のせいですか?転んでひざをすりむいても清潔にしていないと膿んでしまったことがあるように。
金で化膿したというのも怪しいです。24kピアスなんて売っていませんから。
皮膚科でテストされるのは24金を前提に受けるけれど、実際に着けるピアスは24kじゃありません。18Kなどです。
18Kが大丈夫かのパッチテストを受けられる病院はないのです。
シルバー925のパッチテストを受けられる皮膚科もないのです。
一致しないじゃありませんか。
皮膚の表面科学を研究している人と、タンパク質を研究している分野と、金属の性質をテーマとしている学者と、歯科と皮膚科とジュエリー
とを橋渡ししてくれているところがすっぽり抜け落ちているのではないでしょうか?

化粧品のパッチテストのバイトを受けたいひとに大丈夫かどうか、安全ですか?危険ですか?と聞かれたことがありました。
安全かどうかは本人の体質に聞いてみないとわかりません。
言えることは、万人に大丈夫な化粧品はないということ。
万人に安全な薬も無いように、生体にとってすべての細胞にとって大丈夫なタンパクもないのかもしれません。
どのような金属クラスターがどのように反応するか、わかっていることと、はっきりしていないことが生体にはあるから。

チタンのジュエリー素材としての価値

ジュエリーの素材として新しく進出してきている素材にレアメタルと呼ばれるチタン、タングステン、サージカルステンレスなどがあります。

チタンとタングステン、サージカルステンレス、どれが高級なのでしょうという質問を受けました。
プラチナが高級で金が若干下・・・みたいな序列的なものが新素材にもあるのかな・・・と
材質だけで価値判断できると思われる方もいるようですが。

ジュエリーとしての価値はそのデザインやどれだけ手が込んでいるかで付加価値がついてくるわけで、一概に材質が高価だからということは言えません。

貴金属でいえば、最も高い相場で取引きされるプラチナを筆頭に、金、そのあとに銀といった順番はあっても、ジュエリーとしては、ペラペラの粗末な造りの量産されたプラチナリングよりも、ゴールドのしっかりしたデザインの一点ものの指輪の方が高価な例も多々あると思います。

チタンとタングステン、どちらがえらい・・などと言うことはありません。
素材だけに関して言えば、チタンもタングステンもサージカルステンレスも、換金できる貴金属とは別物の工業製品の材質です。

結婚指輪の場合、永く着けるのだから耐久性も気になるし、丈夫で硬い方がいいという気持ちが働くもの。純プラチナ1000や24kゴールドはとてもやわらかく、ピュアが結婚の象徴と謳われるのとは裏腹に、とても歪みやすく日常で使ってしまうと数週間で変形してしまいます。ピュアで純度100%で丈夫な金属といえばダントツにチタンが揚げられ、傷になりにくく、変色しにくく、研究対象として申し分ないおもしろい金属がチタンなのであります。

強さを表すのに、「ゾウが踏んでも壊れない」とか100人乗ってもというのがありましたが、チタンも車にひかれても大丈夫とか劇薬でも大丈夫とかと言いたいところではありますが、果たして想定の必要があるかどうか。チタンは硫酸でも大丈夫なのですがチタンリングをはめて硫酸触っていいですとは言いたくありません(>_<)高濃度アルカリにと言う前に指輪より指が大丈夫ではないです。

売れるデザインと売りたいデザインと売りやすいデザインと売れ筋価格

結婚指輪のデザイン。
マーケティングをして商品企画をして、デザインしながらも、過去の統計が頭に入っているので、それに基づいた方向で決められるので、市場に受け入れられないようなものは生み出さないかも。

作家によって、価格の決め方が違うわけですが、委託販売の作家からはとくに悩みのタネなのだと言われます。
動きやすい価格というのは手頃な価格とは異なります。
安ければ安いほど良く売れるわけではないし、安さを追及する人向けに作りたくないわけです。デザインを評価されたいわけで、気に入ってくれる人に出会いたいと作家は思って作っています。

ましてや一生ものの結婚指輪を「激安」と広告されているところをクリックするひとっているのでしょうか?検索の右側にでている広告のうたい文句には疑問。。。

作家のデザインの方向性によって、売れ筋はまったく異なります。
20ブランド、多いときで40作家の作品群をお預かりし委託販売し、毎日店頭にたちましたが、店内でぐるっと作品を見渡す来店客は興味があれば手をのばしてじっくり見られるようなしくみなのですが、作家ごとのカテゴリーでディスプレイせず、リング、ペンダント、ピアスごとの配置をしているにもかかわらず、同一の作家の作品を手に取りながらぐるっと回っていかれるわけです。
こちらは一切説明せずとも、お客様は自分の好みで自然と同じブランドのアクセサリーをひとつひとつ手に取って見て回る。鑑識眼を持ち、嗜好がはっきりしているということでしょう。売れるデザインとはそうした訴求力のある作品のこと。


そしてジュエリーのマーケティング
売る、買うという行為、流通と需要と富みの享受ということで市場を見て行くと突き当たるのはダイヤモンド市場とアフリカ紛争の関係です。アンジェリーナ・ジョリーが贈られた婚約指輪は「コンフリクトフリー・ダイヤモンド」ということがかつて話題になりました。これはアフリカの紛争地域で産出されたダイヤの原石を使用していない、国連が定めたお墨付きの「血塗られていないダイヤ」=紛争からフリーということ。
ジュエリーを買う人たちはそのダイヤの出自に関心を示していませんし、その出どころを自ら確かめる手立てを持っていません。出自を確かめるのみならず、武器取引の資金源になっていたり不正を働いている政府の資金源となっていたりと、紛争を助長しているかもしれないことにも気が付いていません。
ニューヨークタイムスに掲載されたブラッドダイヤモンドと紛争について